いつまでも綺麗な自分でいるために必要な事を知ろう

実年齢よりも若く

老化現象を抑えるための栄養素

年齢を重ねるごとにしわなどの老化現象が出てきてしまいますが、老化現象を抑えるためには栄養素をしっかり取ることが大切です。 しわなどを作らないための対策として、肌を構成しているタンパク質を取ることが大切で、タンパク質は肌以外にも筋肉や髪の毛なども作るので重要です。 タンパク質は動物性と植物性があり、動物性はお肉などで取れますが、植物性は大豆などでしか取れないので毎日取ることは困難なのです。 なので、植物性はプロテインで取ると効率が良いです。 プロテインはタンパク質から出来ており、大豆100パーセントのものを選ぶとバランスよくタンパク質を取ることが出来ます。 このプロテインとビタミンCが入った飲み物を一緒に飲むと、体の中でコラーゲンになるので肌にハリが生まれ、しわを作らないための対策になります。

肌のハリを作るためには水が大切

しわを作らないための対策として栄養素も大切ですが、それ以上に水が大切です。 しわなどの老化現象の原因の一つとして乾燥があります。 人間の体の60パーセント以上は水で出来ているので、60パーセントより下回ると乾燥肌に繋がってしまいます。 赤ちゃんの体は80パーセントも水で出来ているので、肌にハリがあるのです。 水は1日2リットル飲むと乾燥を防ぐことが出来ます。 お茶やジュースなどでは体に吸収される前に分解され、その際に栄養素が使われてしまうので栄養素の無駄遣いをしてしまいます。 なので、体に吸収するためには水が効率的なのです。 2リットルが慣れてきたら徐々に増やすことで効果が上がります。 このように水をしっかり飲むことがしわを作らないための対策になります。

↑ PAGE TOP