いつまでも綺麗な自分でいるために必要な事を知ろう

原因を追求

目の下にクマができる原因

最近、目の下にできるクマで悩んでいる方が多くいます。ある調査によると、女性の3人に1人が悩んでいると言われています。目の下にクマができると、人にとても老けた印象を与えてしまいます。また、不健康にも見られますし、他人に与える印象は良くないです。 なぜクマができるかというと、スマホやパソコンやテレビゲームなどで目を酷使しすぎるからです。目を酷使すると、目の周りの毛細血管が収縮してしまいます。その結果、血流が悪くなって酸素が行き渡らなくなり、どす黒い血になってしまいます。それで、クマができてしまうのです。その他にも、睡眠不足や疲労、ストレスによる血行不良、眼精疲労、ドライアイも目のクマの原因になります。

治すための効果的な治療方法

現在、クマを治す方法として、培養皮ふ治療が注目されています。これは、簡単に説明すると、培養して増殖させた自身の真皮の線維芽細胞を再び皮膚に移植して治す方法です。いわば、皮膚の再生医療で治すことができます。皮膚の線維芽細胞は、真皮を構成する「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」を再生する能力があります。もともとこれらの成分は、加齢による細胞の衰えで減少していきます。ですが、培養皮膚治療によって増殖させた線維芽細胞を移植することで、これらの成分を増やすことができます。よって、自然と肌の機能が改善して、目の下のクマを治すことができます。また、それだけではなく、肌のハリもよくなりアンチエイジングにも効果的です。

↑ PAGE TOP